えびまよ川柳道場〜

メッシの嘔吐は病気が原因?走らない理由について!

間もなくワールドカップの決勝が行われますね!

きになるのがトーマス・ミュラー選手とメッシ選手の動きだと思います!

しかしそのメッシ選手なんでも

最近は嘔吐が絶えないそうです・・・

もともと難病にかかっていたので病気が原因でしょうか?

またプレー中はあまり走らないことで有名です

その理由についても詳しく見ていきます!

Sponsored Link

メッシ選手の嘔吐とは?

maxresdefault

ワールドカップ前のスロバキアとの親善試合では

ピッチ上で嘔吐されたそうです

 

ちなみに3月の国際親善試合のルーマニア戦でも嘔吐されていたそうです

 

診断を受けてもその診断結果は

「異常なし」

 

重圧に耐えかねて嘔吐するというのは多いそうなのですが、

それは明らかに過度のプレッシャーなどがかかってる状態だそうです

 

しかしメッシ選手はそのような状況でなくても嘔吐していたそうなので不安ですよね・・・

しかも練習中だけでなく、自宅でも起きるそうです

 

そして原因は不明だそうですね・・・

 

メッシ選手の嘔吐は病気が原因!?

原因不明とのことですが

病気が原因では?

とまず疑うべきだと思います

 

そしてそれらしい病名は

機能性胃腸症

だそうです。

 

これは一般的な内視鏡検査などでは判断が付かないものだそうですね

 

内視鏡検査で異常なしという事は、潰瘍・出血・ポリープ・癌の心配はなしという事になります。

胃腸を動かす消化器の神経系と、それを調整する脳の自律神経系がちゃんと連係している必要があります。

出典:AllAbout

神経系ですか・・・っ!

 

もともとメッシ選手は低身長症を患っていました

これは成長ホルモンが正常に分泌されずに、

身長が伸びないという病気でした

 

メッシ選手が後天性なのか突発性なのかはわかりませんが、

もしかしたら昔の腫瘍などが影響しているのかも・・・?

 

しかしながらやはりプレッシャー説は否定できないですね

ワールドカップ開催前で、しかもアルゼンチンの代表

サッカー界の最高峰の選手となれば

その肩にかかるプレッシャーはとてつもないものでしょう。

 

プレー自体にプレッシャーがかかるわけではなく、

常時感じていたのではないでしょうか?

それでしたら自宅で嘔吐した理由も何となくわかります

 

 

まぁそのプレッシャーをはねのけて

決勝まで駒を進めたのはさすが!

と言わざるおえないですね!

 

メッシ選手が走らない理由は?

 

サッカーは10~12kmも走ると言われているスポーツ

バスケとかに比べて長い距離を走らなきゃならないので

過酷なスポーツですよね

 

そんななかあまり走っていない選手として有名なのがメッシ選手

 

ほかの選手が足をつかって得点を取ってくるのに対して、

メッシ選手はあまり走らず、要所要所で走ることで

得点を量産しています。

歳もまだ27歳

ベテランというにはまだ早いはずですが・・・

 

はたしてなぜ走らないのでしょうか?

 

それはきっとメッシが逆に走っていないからこそ

相手も注意するのではないでしょうか?

 

一瞬の気の迷いがメッシをフリーにしてしまうので

相手もメッシの位置は気をつけなくてはならない

 

そうなると味方が動きやすくなり、

良い攻めができるのではないでしょうか?

 

昔ほど走らなくてよくなったのは

年々サッカーIQが上がってきているからではないかなと思います

 

まぁプレーする上では緩急大事ですからね!

 

ではここで一句!

「優勝へ 嘔吐するほどの 意気込か」

 

きっとスゴイプレッシャーの中で勝ち進んできたんでしょうね

僕たちじゃ理解しきれないほどの世界です・・・

 

ぜひともその苦労が報われてほしいですね!

 

ご愛読ありがとうございました!

もしこのブログがいい!この川柳面白い!と思っていただけたのならtwitterやはてブ、コメントなどおねがいします!

 

 

 

ではここで一句!

Sponsored Link

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top