えびまよ川柳道場〜

ペテロの葬列のネタバレ!バスジャック犯の佐藤の正体について!


前回の謎がだんだんと公開されていくペテロの葬列!

しかしバスジャック犯の老人暮木一光は

なぜそこまで口がうまかったのか?

またなぜ慰謝料が払えるのか?

バスジャックを起こしたきっかけについて

ネタバレしていきます!

ネタバレが嫌な人は注意してください!

バスジャック犯暮木一光とはどんな人?

さてそのバスジャック犯はどんな人なのでしょうか?

本編でのプロフィールは

1943年8月15日生まれの63歳

生活環境は劣悪で、ご飯を食べているかも怪しく、痩せこけていた

無職でアパートで一人暮らし

年金に加入はしておらず、貯金を切り崩して生活をしていた

地区の民生委員会が彼に対して生活保護を進めており、

そこで顔を合わせていたため、身元が発覚した

バスジャックをするような人には見えなかった

ということです。

たしかにこれだと慰謝料一億円をみんなに払える感じではないですよね

 

しかもこれだけだと動機が全く理解することができませんよね・・・

そこまでの支払い能力があるなら

そんな劣悪な環境でするわけもないですし・・・

 

といった具合にプロフィールが分かっても謎だらけです

 

暮木一光の前の仕事とは?

さて気になる犯人の前の仕事です

たしかにあの弁舌のうまさから人の前に立つ仕事に

ついていたと考えるのが妥当ですよね!

 

そしてそれは教師などといったものが多いと考えられます

 

そんな暮木一光の前職とは

感受性訓練のトレーナーだったと予想されました

 

そしてこれは人の能力を伸ばすためコンサルを

開く会社だったそうです。

 

そしてそのような会社のセミナーに

編集長である園田編集長が通っていたそうです。

 

その中での訓練は熾烈を極めるもので、

結局会社はつぶれたそうです

しかし、その時のトップは刑罰のがれました

 

しかしこれは暮木の所属していた会社では?

ということでこのときは謎のままです

しかしそれに類するトレーナー的な仕事をされていたことは

ほぼ間違いないということになりました

 

この辺の流れはホントに引き込まれます

謎が解決したかと思うと、

また新たな謎が出てきて、じゃぁ次はなんなんだ?

と続きが早く知りたくなります!

 

今回ネタバレをみているかたも同じ気持ちなんでしょうね!笑

 

犯行動機はいったい?

その犯行動機は

自分が巻いた種を刈り取る

という目的のために行ったそうです。

 

トレーナーとして働いていたときに巻いてしまった

悪徳商法の芽が花咲いてしまったため、

バスジャックを起こすことで

加害者の意識に呼びかけようとした。

 

会社をつぶしても加害者の意識が変わらなければ意味がない

ってことだったと思います。

 

 

自分も少し前に読んだだけですので少し間違っているかもしれませんが

その辺は勘弁して下さい。

 

 

本を読むと、この老人もペテロの境遇とにているのかもしれない

と思ってしまうと思います。

 

ペテロと同じように打ち砕かれ、

その結果悔い改めて、

この世を変えようとする。

まさしくタイトル通りですよね!

 

まぁタイトルの意味はこれだけではないと自分は思っていますが、

それぞれみた人が感じることは違う作品だと思います

 

被害者が加害者に、

またその逆もしかり

 

そういうった移り変わりに注目してみるのもいいかもしれません!

 

ではここで一句!

「みるものの 視点で変わる 良き作品」

 

ドラマもうまい演出になってますね!

やはり演技派の俳優さんが多いというのも

この作品に深みを与えていると思います。

 

ご愛読ありがとうございました!

もしこのブログがいい!この川柳面白い!と思っていただけたのならtwitterやはてブ、コメントなどおねがいします!

 

Sponsored Link

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top