えびまよ川柳道場〜

赤崎勇の年収や報酬はいくら?特許収入や性格が気になる!

本日ノーベル賞を受賞された赤崎勇教授!

画期的な青色LEDの発明は照明業界を変えましたね!

そんな赤崎勇さんの年収やノーベル賞受賞の報酬はいくらくらいなのでしょうか?

また青色LEDの特許収入はヤバいとか・・・!

それについて詳しく見ていきます!

Sponsored Link

赤崎勇教授のプロフィールや性格は!

生年月日 1929年  1月30日

年齢   85歳

出身校  京都大学理学部

出典:wikipedia

だそうです!

実はもう85歳だったんですね・・・!

 

それで第一線で研究されているとはタフですね!

 

そして性格ですが

赤崎勇教授の奥さん陵子さんによると

家では賞のことや

不満を漏らしたこともなかったとか!

 

いやーひた向きにがんばり続ける赤崎勇教授は

教授の鏡ですね!

 

しかも大学の研究室では学生をのばすように

答えを教えるのではなく、ヒントを教えるような教え方をするようです!

 

しかもかなり明るい方のようで、

学生のモチベーションをあげるような冗談も言ったりするとか

さすがいろいろと経験されてきただけあって素晴らしい方のようですね!

 

 

年収はどのくらい?特許報酬がすごい!

では年収はどのくらいなのでしょうか?

 

現在は名古屋大学に在籍されているそうで、

教授をされています。

名古屋大学は国立大学なので、私立大学のような高い収入は支払われては居ないと思います。

 

なので大学教授としての年収は1000万行くか行かないかくらいでしょうね。

 

しかし赤崎さんは青色LEDでの特許報酬があるはず、

そうなるとスゴイ額がはいってくるでしょうね!

 

ちなみに赤崎教授は

青色LED関連の特許で名古屋大学東山キャンパスで赤崎記念研究館を建設しているようですね

 

たしかに青色LEDの開発で照明を作れたり、さまざまなLED製品が誕生していますから

億の収入は有るでしょうね・・・

 

ちなみにノーベル賞を同時受賞された

中村修二さんは昔所属していた会社に訴訟を起こしていますね・・・

それによると20億を要求していますが、

これは青色LEDの収益のほんのわずかだそうです!

 

・・・つまり200億くらいの収益があったのではないでしょうか?

 

赤碕勇さんは会社ではなく、個人で特許をもっているはずですので

何百億の収益かもしれませんねw

Sponsored Link

ノーベル賞の報酬はいくら?

 

ではノーベル賞の報酬はいくらくらいなのでしょうか?

 

その値段は1億程度と言われています!

 

最近は少し下がって9000万くらいらしいですけど・・・

 

そしてそれを受賞者で割ることになるので、

赤碕教授が得られる報酬額は3000万くらいでしょうか?

 

いやぁ・・・額がすごいことになっていて感覚が麻痺しますねw

 

ではここで一句!

「LED 赤碕なのに 青色か」

 

今までもノーベル賞取るだろうと言われていましたが

本当にとれてうれしいですね!

 

赤碕さんのような研究者が続々と現れてくれたら

日本の未来は明るいですねー!

 

本当に受賞おめでとうございます!

 

ご愛読ありがとうございました!

もしこのブログがいい!この川柳面白い!と思っていただけたのならtwitterやはてブ、コメントなどおねがいします!

 

Sponsored Link

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top