えびまよ川柳道場〜

浜崎茂の過激な公約の意図とは?経歴や影響を受けた八千代さんとは誰?

あまりに過激な政策公約としていま話題を集めている

石川2区の候補者、浜崎茂さん。

なぜそこまで過激な政策公約を発表しているのでしょうか?

その意図とはいったいなんなのでしょうか?

経営しているつる粋の評判や経歴についてチェックしていきます!

Sponsored Link

浜崎茂さんのプロフィール!経歴は?

YRYA17002XXX010K_0 

生年月日   昭和42年

年齢     46歳

出身地    石川県小松市

学歴     高卒

現在の職業  うどん屋

所属     無所属

みたいです。

 

その公約は

「大量虐○」

というもの・・・

画像はこちらをどうぞ!

公約画像twitter

 

これはあまりにも衝撃的な公約ですよね・・

これまで話題に登ったことがなかったので、

今回が初なのかと思っていたら、なんと!

これまでもなんどか選挙に出馬されているようです。

それがこの政治活動の経歴です!

2003年 小松市議会選挙 落選  318票

2007年 小松市議会選挙 落選    396票 

2007年 参議院選挙   落選    11477票

2011年 小松市議会選挙 落選   316票

2013年 小松市長選挙  落選  1453票

2013年 参議院選挙   落選  10114票

 

こんな感じみたいです。

しかし・・参議院選挙での投票率が高いのは気に成りますねぇ・・・

ちょっと政治には疎いのですが、どこか支持してくれる政党があったのでしょうか?

 

またこのときもおなじような公約を掲げていたのでしょうか・・・?

 

 

しかし、政治家にあるまじき発言をブログで発言されていたり、

ここまで表を集めれているのが不思議なくらいなんですよね・・・

 

では今回そのような公約を掲げた意図とはなんだったのでしょうか?

 

過激な公約の意図とは?

 

ではなぜこのような公約を掲げるに至ったのでしょうか?

 

まずは警察との衝突が会ったものだと思われます。

 

よくブログで警察を批判するような内容がありますからね。

 

そこで、自分なりの今の日本を立て直す方法。

それが

過激な言葉で違和感を感じさせ、人々に考えるきっかけをつくらせる

 

というものなのでは?

あまりに過激すぎて使うのもためらわれる言葉なので、

賛同者は少ないと思います。

 

しかしこの言葉を通じて、なぜそんなことをいうようになったのか?

と考える人が出てくると信じているのではないでしょうか?

 

「洗脳を解く」

「皆○しは使用できない・・・それは掲載できない・・・」
選管もメディアも簡単に拒否してくれるが、こっちにしてみれば、
集団心理の目と耳を開かせるために、十年以上探し続けてきた宝の言葉なんだよ。

『政治とは金だ』
すべての誤りは人々がこう信じていることから始まっている。

信念なんか持たない大多数が、信念なんか持たない政治家に投票する。
彼らには、信念を持っている人間の行動が理解できない。

出典:浜崎茂公式HP

などと語っていますので・・・

やはり新たな切り口を信念を持って行うのが自分である

ということではないでしょうか?

 

もしかしたら選挙に当選する気はないのかもしれません

 

これがメディアに掲載され、

いま私えびまよが書いているように、

誰かが今の政治について考えることをし始めるきっかけになるように、

ということなのかも?

 

一種の炎上商法ですよね。

 

たしかに私達の政治に対する行動が今後の日本を変えていくとはいえ、

なかなか達観した考えの方も多いと思います。

 

そこを変えたいのでしょうね。

 

 

まぁ発言は褒められるような言葉使いではないですが、

そのような意図があったとしたら、

それはそれで、自分なりの信念をもった政治家ということなのでしょうね。

 

Sponsored Link

影響を受けた八千代さんとは誰?

 

ブログに出てくる「八千代さん」という人物

いったい誰なのでしょうか?

八千代市という待ちはあり、そこの市長かなにかか?

と思いましたが、そのような名字の方はいません・

 

もしかしたらニックネームなのかもしれませんが・・・

 

とおもったら発見しました。

 

どうやら中村八千代さん

という人物のようです。

 

どうやら

明治大学出身の人物でユニカセ・コーポレーションという会社をやられている方で

恵まれない青少年たちを支援している方だそうです。

 

その方を日本初の女性内閣総理大臣にしたいがために奮闘されているようです。

 

しかし・・・

影響を受けたとは言え、

「皆○しは使用できない・・・それは掲載できない・・・」

選管もメディアも簡単に拒否してくれるが、こっちにしてみれば、

集団心理の目と耳を開かせるために、十年以上探し続けてきた宝の言葉なんだよ。
八千代さんとお会いしなければ、絶対に誕生することがなかった究極の政策公約なんだよ。

という発送がこの中村八千代さんと交流して生まれてくるのでしょうか・・・・

すこし不思議に思うところも多い感じですね。

 

はたして選挙結果はどうなるのか、

またメディアの反応はどうなのか。

 

続報が気になるところです。

Sponsored Link

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top