えびまよ川柳道場〜

May.Jが仕分けでの連勝ストップ!let it goを歌ってなぜ負けた!?

5月3日に放送された「関ジャニの仕分け∞」で

May.Jが27連勝を目指してサラ・オレインと戦いましたね

May.Jは最近大ヒット中の「アナと雪の女王」の主題歌の「Let it go」

で挑みましたが、まさかの敗退!

相手はどんな人なのか?なにかMay.Jの状況が変わったのか?

気になったので調べてみました!

※May.Jさんが仕分けに復帰されてますね!

詳しくは此方をどうぞ!

関連記事:Mayjが仕分けに復帰の理由は?視聴率低迷や話題作りが原因?

 

 

Sponsored Link

サラ・オレインって誰!?

サラ・オレイン 画像

プロフィールはこちら!

生年月日   : 1986年10月8日(27歳)

身長     : 176cm(?)

出身地    : オーストラリア・シドニー

出身校    : シドニー大学(主席卒業)

英語、日本語、イタリア語を話すことができる

だそうです!

実は驚いたんですけど

自分が好きなゲームである「ゼノブレイド」のEDを歌ってた人なんですよ!

どこかで聞いたことあるな−と思ったんですよね!

この人うまいですし透明感のある歌声なんですよね!

 

ちなみにこのサラ・オレインさんうまいのも納得の経歴の持ち主です

5歳よりヴァイオリン教育を受ける。
6歳よりシモン・ゴールドベルクの高弟であったペリー・ハートの下で学ぶ。
ハート氏の死去まで(2002年)教育を受け続け、彼女の最後の弟子であった。
13歳からワンダ・ウィウコミルスカの指導を受ける。
ヴァイオリンを学ぶかたわら、14歳より声楽のレッスンを受ける。
3オクターブを超える音域を持つ。在学期間に多くの音楽コンクールに参加し、優勝を修めた。

その後も輝かしい功績を残されております!

 

そりゃうまいのも納得ですね・・・・

ザ・神童ってかんじです!

でもちょっと残念だったのが

サラ・オレインが勝っても祝福されてなかったことですね・・・

どちらかというと「あのMay.Jが敗退!?」って感じだったので

サラ・オレインもものすごくうまいんですけどね…

 

Sponsored Link

May.Jはなぜ負けたのか!?

o0800106710440192106

今回歌ったのは今大ヒット中の「アナと雪の女王」の主題歌

「Let it go」です。

こちらはMay.Jが日本版を歌っており、得意な曲なはずでした

ですが今回はプレッシャーもあったのかもしれませんね・・・

ちなみにサラ・オレインの歌声はこちら

May.Jはこちら!

んー正直素人目にはいい勝負で判定できないですね笑

ですがMay.J側にはいろいろな心情が渦巻いていたようです

公式ブログの方でこのように行っておりました

皆さんも気づいてたかもしれませんが、連勝を重ねていくたびにどんどん

「負けちゃいけない」ってプレッシャーに押しつぶされそうになり、自分らしく歌えないことが続いていました。
納得のいく歌が歌えないことが何度もありました。すごく悔しかったです。

出典:May.Jオフィシャルブログ

ですよね・・・

やはり歌手としては自分の納得できない歌い方はしたくないですよね・・・

そのような葛藤を心に抱えながら挑んでいたというのは

並々ならぬプレッシャーのはずです

 

ですが、負けた後は悔しそうでしたが、

清々しいようにも見えました

なので今回の負けは実りのある敗北だと思います

 

うまく歌うだけではなく自分の納得行く歌い方

というものもきっと見えて来たと思います

 

しかも26連勝なんてことはまずできないはずです

しかも採点の厳しいLIVEDAMでの勝利です。

テレビの伝説には間違いなく残るはずです!

 

またMay.Jさんはこれから全国ツアーなど活躍の場所があるので

そちらでも頑張ってもらいたいですね!

 

追記!仕分けに復帰で女王に返り咲き!

なんと4ヶ月ぶりに仕分けに戻ってきたMay.Jさん!

今回さくらまやさんをやぶりまた女王に返り咲きましたね!

 

また怒濤の連勝を魅せてほしいものです!

 

復帰の理由についてはこちらをどうぞ!

関連記事:Mayjが仕分けに復帰の理由は?視聴率低迷や話題作りが原因?

ではここで一句!

「May.Jの 新たなスタート 祝福す」

夏の全国ツアーではより進化したMay.Jを見たいものですね!

 

 

ご愛読ありがとうございました!

もしこのブログがいい!と思っていただけたのならtwitterやはてブ、コメントなどおねがいします!

Sponsored Link

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top