ネオクラ車の維持・修理・故障など。買う前に知っておきたいこと。

GTR、スープラ、RX-7、シルビア、180SX、マークⅡなどの90年代スポーツカー、シーマ、セルシオなどのVIPカーなどなど、今でも色あせないネオクラ車。買うことを検討している人はネオクラ車の維持費がどうなのか不安な方も多いと思います。というわけでネオクラ車の維持、修理費用や故障などについて、自分の経験を基に書いて行きたいと思います。

ネオクラシック車の持費費は高い?

ネオクラシックカーを買う前に気になるのはやはり維持費用かと思います。

正直に言うと、今の車より断然高いです。

維持費用というとざっくりしていますが、内訳としては以下のとおり。

維持費用項目年式が新しい車との比較
修理費用故障箇所が増えるほか、純正部品の値上がりで費用増となる。
タイヤ費用使うタイヤによる。同じサイズであれば費用は同じ
ガソリン費用ネオクラ車は燃費が悪いことも多く、ハイオクの場合は、さらに費用増。ただし、走行距離による。
車検費用
(修理費用除く)
法定費用+整備費用+車検基本料金ですが、年式によって違いはなし。
自動車税13年経過後は乗用車で15%増(軽は20%)
重量税13年経過後は乗用車で40%増、18年経過でさらに10%増
任意保険費用車種によっては、型式別車両料率クラスが高い(全般的にその車種の契約者の事故が多い場合に保険料が上がる)

タイヤ費用と車検費用、任意保険費用以外は費用増になるものばかりであり、今時の新しい車と比較すると、維持費用は増えます。

具体的には、というとケースバイケースですので金額は書けませんが、自分の経験としてはやはり修理費用が一番高いと感じます。特に純正部品は年式が古くなると年々値段が上がっていきますので、故障した時の修理費用が高額になることも多いです。安い社外品等が出ていればいいのですが、そうじゃない場合も多いです。

正直、税金関係はそれをわかって買うと思いますので、致し方ないものと割り切れるし、払う時期も決まっているので、貯金を貯めることもできますが、故障による修理費用だけは予測がつかない場合も多いため、故障が重なると維持が辛くなります。

ネオクラ車はよく故障する?→結論:車両によりけり。

では、ネオクラ車はよく故障するのか?といいますと、正直車の状態によるとしか言えません。

これまでのオーナーがきちんと整備をしていれば壊れませんし、整備してない箇所は壊れます。当たり前っちゃ当たり前なんですが、ほんとにその通りだと感じます。

また、これは当たり前かもしれませんが、エンジン関係の整備はお金もかかるため前のオーナーがやっていない場合も多いです。特にオイル滲みとかは多少滲んでいても走れてしまいますし、そのままの状態となっている場合もあります。

自分の車は整備簿があって、経年劣化しそうなゴムパーツなどが交換されていたりしたので、比較的故障は少ない方ですが、知人が買った明らかにメンテされていない個体だと、結構故障していました。

ただし、メンテされている個体はその分、購入費用も高いですし、最近のネオクラ車の高騰ぶりからすると、手が届きにくい・・・

ローンで買ったら支払いもあるし、その上、保険料の支払いとか税金・車検費用の積み立てもあるのに、修理費用もかかるとなると、維持は厳しいんじゃない?

修理費用がかかるのか、そうでないかで、だいぶ維持のしやすさが違います。実際、故障が連発して修理費用が高額になってしまったので泣く泣く降りた。と言う人も聞きます。

それでも乗りたい!と思う人はどうしたらいい?

それでも乗りたい!と思うのであれば、故障時や消耗品関係の修理を自分でやることをオススメします。

というのも部品代よりも工賃はだいたい高いので、ディーラーに頼んだりすると、1万円単位でお金がかかってきます!

なので可能な範囲、たとえば、夏冬のタイヤ交換やちょっとした電装関係の取り付けは自分でやるといった範囲から始めていくといいと思います。慣れてきたら足回りやエンジン周りなどの重作業をやってみる。そんな流れでステップアップしていくといいと思います。

そして、DIYで色々な整備をするうちに故障のトラブルにも強くなりますので、不意な故障も対応できるようになりますよ!

(ちなみに、自分はお店の工賃が高いとは全く思いません。DIYでやると、作業の仕方を調べて、必要な工具を揃えて、いざ作業をして…と手数も多いですし、これで正しいのか、閉め忘れなくできているか、とかの心配もありますし、もう二度とやりたくないような大変な作業もあります。これを工賃という形で全部引き受けてくれるので、正直神です。)

まとめ

結論:ネオクラ車は税金などの固定維持費は高い。修理費用も車両状態によっては高い。故障の頻度は車の状態によりけり。

正直、ネオクラ車に憧れがあって、どうしても乗りたい!とかでなければオススメできません。今時の車の方が馬力もあって、燃費もよくて・・・というのは往々にしてよくありますから・・・

しかし、維持費が高いとしても維持したくなるほど、90年代の車は個性豊かで魅力的です!

なんなら買ってしまったらそのためになんとか維持してしまう(食費を削ってでも・・・)といったこともよくある?話ですので、案外買って見てしまうのも手かもしれません!笑

とくにお金がない時ほど知恵を絞るものなので、意外と整備の腕も身に付く・・・かもしれません!

このサイトでは、ネオクラ車を維持するための整備方法やパーツを安く買う方法などを紹介して行きますので、

是非他のページも見てみてください!

では!

注意事項

当サイトの記事は可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

googleads